節約したい人必見!簡単でおすすめな節約術や注意点まとめました。

スポンサーリンク
節約
スポンサーリンク

節約って誰しも経験したことあると思います。しかし、一向にお金は貯まらないくストレスだけがたまった事はありませんか?どうしてお金がたまらないのか、原因と解決策をまとめてみましたので参考にしてください。

収入が低いから、家族が多いからなどお金が貯まらない言い訳を考えているだけではお金は増えません。本当にお金を増やすには支出<収入にしないと貯まりません。

しかし、人間の欲求は無限です。すべてを叶えようとするとお金はいくらあっても足りません。私たちに必要な心構えは身の丈にあった生活をすることなのです。

お金が貯まらない人は身の丈以上の生活を送っているからです。ストレスなく身の丈に合わせた生活を送る方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

大きな出費(固定費)を見直す

固定費は毎月必ず出ていく出費であり、削減することで毎月一定の節約効果が期待できます。固定費の見直し方を説明していきます。

家賃の見直し

家賃は支出の中でもかなりの割合を占めているのではないか。一般的に収入の3割を目安にしましょうと言われているが私個人的にはできるだけ2割以下にするほうが貯金しやすいと考えています。

しかし、都市部では家賃が上がる傾向があり安いところに住むと通勤時間が長くなる場合は無理に2割以下に抑えなくてもいいと考えています。

家賃をできるだけ抑えるポイントとしては、「築年数が長いところ」「部屋を低層階にする」「お風呂とトイレが一緒」のところを狙っていきましょう。

通信費の見直し

通信費は何も考えずに携帯ショップの人の言いなりになり申し込んでいるのなら今すぐプランの見直しであったり携帯会社を変えるなりしましょう。

通信代で5000円以上払っているのならば安くする余地はあります。現在なら大手キャリアでも

3000円以下のプランを出しているのでプランの見直しをするなり、格安シムに乗り換えるなりして通信代をできるだけ抑えましょう。通信代は3000円でも1万円でもサービス内容がそんなに変わらなかったりするので勇気をもって乗り換えをしてください。

借金の見直し

住宅ローン、カーローン、消費者金融からのキャッシング、教育ローンなどお金を借りている人は見直しをしてください。利率が低い会社に乗り換えるなり繰り上げ返済を積極的に行っていくなどして利息をできるだけ抑えて行くのがポイント。

一番は借金して買うのならお金をためて一括で払ったほうが安く済みます。家電量販店や高級な腕時計を売っている店に行くと無金利で分割払いできる商品もありますが一括で買えないならば購入はあきらめたほうが身のためです。

保険の見直し 解約

保険は結論から申し上げますとほとんどが必要ありません。がん保険、車両保険、積立型の保険、外貨建ての保険を加入している方は解約しましょう。

理由は簡単、貯金で備えるほうがコスパがいいからです。生保レディーに勧められるまま保険に加入してしまうとほとんどの場合ぼったくられます。

日本の医療制度は世界でもとても優秀です。例えば高額療養費制度がありガンになって高額な治療でも少ない金額で治療を受けることができます。

車両保険も貯金で備えるほうが安く済みます。車の保険は対人対物無制限にしておくだけで十分です。

積立型や外貨建ての保険はお金の運用手数料がとても高いので資産運用するのならばネット証券でNISAやiDeCoを使って自分で運用してください。保険でお金を積み立てるなら自分で貯金しておく方がお得です。

保険の入りすぎで保険貧乏にならないように気を付けましょうね。

サブスクリプションの見直し 解約

自分の使用しているサブスクリプション通称サブスクは把握していますか?

使っていないサブスクは解約しましょう。無料期間に入会して解約が忘れている場合もあるのでクレジットカードや銀行口座の引き落としの明細書を見てみましょう。

使用していないサブスクは直ぐに解約して下さい。

変動費を抑える

コンビニ 自販機の利用は控える

コンビニ、自販機は割高です。よっぽどのことがない限りは買わないように気を付けてください。買い物はネットスーパーやアマゾンで済ますと時間とお金を節約できますよ。

 

http://www.amazon.co.jp/tryassocfresh?tag=reiji154901-22 

(アマゾンフレッシュなら新鮮な野菜をアマゾンでも購入できます。)

 

実店舗で買い物をしてもいいですが、ついで買いで余計なものまで購入してしまう恐れもあるので気を付けてみましょう。

飲み物は水筒を持っていくか、まとめて購入してお茶や水を持っていくと節約になります。

乗り気にならない誘いは断る

飲み会や遊びの約束でそんなに行きたいと思えないメンバーや場所である時は無理に参加しないようにしましょう。

カラオケが苦手なのに参加するとか遊園地が苦手なのに行くなど本当に楽しめないことにはお金を払ってはいけません。

お金も時間も無駄にしてしまいます。お金を使ってストレスをためては何の為に稼いでいるのかわかりません。

禁煙する

喫煙は百害あって一利なし。断言します。辞めるのがどうしても無理ならお医者さんに相談しましょう。ニコチン依存症は自力で治せるならタバコ屋やJT(日本たばこ産業株式会社)はとうの昔に潰れています。

喫煙習慣は口内環境を悪化させ更に病気になる確率が上がるのは小学生でも知っています。喫煙習慣を断ち切り健康でお金を貯める習慣を身につけましょう。

アルコールもほどほどにしましょうね。

セール品を買わない

大きなセールが行われているお店に立ち寄ってはいけません。割引されていて一見お得に見えるかもしれませんがその商品は本当に必要なものだったのでしょうか??

本当に必要なものなら定価でも購入するはずです。安いは購入する動機にはなりません。安物買いの銭失いにならないように意識しましょう。

ストレスのかかる節約はするな

節約は何でもかんでもケチケチする事ではありません。ちまちました節約は逆に続かなく反動で無駄使いしてしまう原因にもなります。

大きな出費は節約して節約効果が少ないところは手を抜くところは抜きましょう。

食費や水道光熱費はケチるな

節約と言えば食費、水道光熱費をケチケチする事を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、食費や水道光熱費は労力のわりに節約効果は薄いのが現状です。

決して無駄使いしろと言っているわけではありませんが、食費を削ってカップラーメンばっかり食べたり、真夏や真冬にエアコンを付けずに我慢してはいけません。体を壊す原因になったり生活の満足度が下がって反動で無駄使いしてしまうリスクが高まります。

最悪体を壊せば病院にかかるお金や時間、一時期間仕事ができなくなり収入が減るなどになっては元も子もないですよ。

時間を無駄にした節約はするな

時間を無駄にした節約はしてはいけません。特急代をケチり各駅停車の電車に乗るとか高速代をケチり下道で移動したり、新幹線代をケチり夜行バスで移動するなど時間効率から考えると損している場合が多いです。

趣味で各駅停車の電車で旅をしている人やドライブが好きで下道を走りたい人など移動を目的(楽しみの一つ)としている場合は構いませんが目的地があって移動は単なる手段の場合は出来るだけ早く着く方法で行きましょう。

同じ時間で到着するなら一番安い方法で行くのは賢い節約方法だと私は考えています。

時には浪費をしよう

節約生活している人は時には好きなことにお金を使ってみましょう。

ご飯を食べるのが好きなら時々外食をしてみる。旅行が好きならきれいなホテルに泊まる。服が好きならちょっと高いけど長く着られる服を買ってみる。節約生活をしつつ息抜きは適度に行うのが大切。

そんなに気張らずに適度に手を抜きつつ長く続けてみましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました