私が地方移住をおすすめしない理由

スポンサーリンク
人生
スポンサーリンク

最近ではインフルエンサーと言われる方達が地方移住している影響や地方を活性化させようとする行政の政策などが相まって地方移住は人気が高まっている。

 

生活コストの削減や都会では味わえない自然の豊かさなど地方移住ならではのメリットはたくさんある。

 

しかし、都会から地方移住すればお金が貯まりやすくなり生活にゆとりが出たり、おいしい物が多い、のんびり暮らせるなど良い面ばかり考えていないだろうか??

 

地方は地方ならではのデメリットも存在しているのも事実なのだ。

 

そこで実際に生まれてから高校を卒業するまで地方で暮らしていた私の視点から地方移住を安易におすすめしない理由を考えた。

 

あくまで私個人の考え方だが参考になる点は多いのではないかと思っている。

スポンサーリンク

生活費はそんなに安くない

まず田舎に行くメリットは生活費を抑えるためという理由が多い。しかし、都会に比べてものすごく安いのかというと半分正解で半分間違いだ。

 

理由は田舎は交通インフラがとても弱い。そのため一家に一台どころか一人一台自動車を所有しないとものすごく不便なのだ。

 

最寄り駅まで車で30分は普通。電車は30分から1時間に一本。

 

そのため車は必須なのだ。都会なら車を所有しなくても公共交通機関で余裕で生活出来るので車の維持費はかからない。

 

地方は車の維持費は必須項目と考えておく方がいい。近年は車の維持費がどんどん高くなっている中で車を所有すればお金がどんどん吸い取られるのだ。

家賃は安いが選べない

家賃は都会に比べるとはるかに安い。ほぼ半額くらいで同じような物件に住むこともできるのだ。

 

しかし空き物件の種類はそれほど多くはない。マンションやアパート住もうと思うと築浅の物件やシステムキッチンやオートロックなどの設備が無い物件しか選べないと思った方がいい。

 

マンションやアパートなどの賃貸を立てる側からすれば田舎に建てるより都会に建てる方が空き部屋になる可能性が低くなるので人口の少ない地域にはどうしても新しいマンションやアパートを建てようとは思わないのだ。

 

一軒家の空き家は田舎に行けばものすごい数が存在し格安で販売している物件も存在する。一軒家なら自分で好きなようにリフォームすることができ自分なりにアレンジした家にすることは出来るが生活費を抑えたい人には向かない。

人とのつながりが濃すぎる

地方は人口が少ない分人とのつながりがめっちゃ濃い。誰がどの家に住んでいるのかはだいたい分かる。日中散歩していると知っている人に絶対会う。

 

これは良い面でもあり逆に一人の時間が好きな人にはそれほどメリットとは感じない面でもある。

 

一人の時間を謳歌するために地方移住したのに近所の人との付き合いに疲れたなんて事になったら元も子もない。

 

もちろん良い人ばかりではあるが一人孤独に過ごしたい人は本当の山奥に行かないと実現は出来ないと思った方がいい。

 

ただ、近所付き合いを上手くしていると、おすそ分けしてもらったり困った時に助けてくれたりするのも事実なのだ。

都会の遊びに慣れていると遊ぶところがない

地方ではカラオケや映画館、大型商業施設はほとんど存在しない。飲食店も駅前にちらほらあるくらいだ。都会では休日、大人数でも一人でもお金さえ使えばかなり楽しめる。

 

地方ではびっくりするくらい何もないので消費して楽しむ人には向かない。ただ、自然の中を散歩したり川や海で泳いだり、山登り、サイクリング、ツーリング、ドライブ、キャンプ、孤独を一日中満喫したりと考えれば娯楽はある。

 

だが都会の遊びに慣れてしまっては楽しめないのが現状だ。言い換えれば消費して楽しむのは田舎では向いていないむしろ自分から遊びを考えて生産的に遊べる人が楽しめるのが地方移住なのだ。

行政サービスが全然充実していない

図書館、公共のトレーニングジム、公共交通機関は無いと思った方がいい。

 

日本は地方交付税交付金で地域の行政サービスの格差をなくすように国から援助金を貰っていても人口が少ない分、財源も数が限られている。

 

何より利用者が少ないのが公共サービスを運営しない大きな理由なのだ。

 

公共サービスが増えるのは地方移住者が増えていき財源が確保されはじめてからなので現在では公共サービスが充実している地方はほとんど無い。

 

ただ移住者に有利な補助金制度などはあるので使えるサービスは使いこなそう。

働くところが無い

都市部に人が集まる理由は単純に雇用が充実しているからなのだ。現代社会ではインターネットでビジネスを行う人が増えてきたことも事実だがサラリーマンとして生計を立てている人が大半なのだ。

 

地方移住を考えている人の中でサラリーマンの方もけっこういてる。

 

働くところが無ければいくら地方といえども自給自足は不可能に近い。

 

雇用が整っていない地方に安易に移住すれば食べていけない恐れもあるのだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました