真面目で中途半端に優秀な君が人生楽しむ方法はコレ 私が人生楽しむ為に使っているテクニック

スポンサーリンク
生活の知恵
スポンサーリンク
スポンサーリンク

同調圧力を回避する

日本人が物心つく前から教えられている同調圧力はどうすれば回避できるのか??

 

 

それは周りの評価を気にするのをやめること

 

 

周りの評価が気になるから同調圧力に負けて他人と違う事をしなくなる

 

 

 

周りの評価を気にするのをやめるのはとっても難しい事だ

 

 

特に優秀な人は小さい頃から周りに期待されているので周りの期待に応えるのに必死

 

 

私のように才能の無い人間の方が周りから期待されないので

 

 

 

他人からの評価を気にしなくなれる

 

 

まあ、もともと何も期待されてないので当然と言えば当然

 

 

 

中途半端に優秀な君に向けてのアドバイスとして

 

 

 

わざと妥協することを増やすのだ

 

 

妥協するのは良くない面が多いが、反対にメリットも存在する

 

 

「頑張りすぎず燃え尽きない」「ラク」「他人の期待を裏切ることができる」

 

 

 

デメリットの裏返しだが中途半端に優秀な人にはいい治療薬になるのだ

 

 

 

期待を裏切ることで次から期待されなくなるので他人の評価を気にしなくてすむのだ

 

 

そしたら同調圧力にも屈っしなくなり

 

 

きっと自分らしい人生を送る入り口となる

 

ほどほどに人生楽しいだけでよくね??

人生なんてほどほどに楽しかったらそれでいいとおもう

 

 

社長になろうが出世しようが政治家になろうがノーベル賞をとろうが

 

 

ほどほどに人生楽しんでる人との人生に対する満足感はそんなに変わらない

 

 

そもそも自分の人生の楽しさなんてその本人にしか分からない

 

 

 

人と違うように生きても楽しければそれでいいし

 

 

人と同じように生きても楽しかったらそれでもいい

 

 

自分の人生の責任は自分にしかとれないし楽しさも自分しか感じる事ができない

 

 

人生長いようで短いから無理せずほどほどに楽しむのが数ある正解の一つだとおもう

 

人と比べるのを諦める

上を見れば本当に凄い人がたくさんいて言い刺激にはなるが劣等感を感じる

 

 

下を見ると安心するけど成長しない

 

 

このジレンマを解消するには人と比べない事だ

 

 

過去の自分と比べる

 

 

それだけでいい

 

 

他人に勝とうとしても一生掛かっても勝てない相手は大量に存在する

 

 

それより過去の自分よりレベルアップしている所を見つけていくだけでモチベーションにもなるし

 

 

気持ちが楽になる

どんなに恥ずかしい事をしても10年後だれも覚えていない

人前で失敗して落ち込んでしまう事は無いだろうか??

 

 

そんな人に知っといてほしいのは誰もそんな失敗なんて10年後覚えていないのだ

 

 

人は意外に他人に対する興味が薄い

 

 

例えば芸能人が不倫しようが10年後覚えている人はほんの一部なはずだ

 

 

一般人が失敗したところで誰も覚えてくれすらしないのが現実

 

 

だから別に失敗しても落ちこまなくてもいい

 

 

逆に10年後笑い話にしてみるといい

 

 

失敗話って意外に盛り上がるので失敗したら手札が一つ増えたとでも思っておくくらいが丁度良い

雑になる

なんでも完璧にしようと時間をかけるより少し雑でもやり切るほうがいい

 

 

完璧にしようとすることで全部中途半端になってしまうひとにおすすめな方法です

 

 

雑でもやり切ったほうが達成感もあるし自信にもつながります

 

 

完璧主義な人は少し雑になることで人生が楽しくなるはず

 

 

学校では遅くても完璧にやり切る方が褒められていたが現実は完璧主義の方が損をする場合が多い

 

 

ストレスを溜めるくらいなら雑に生活してみるのもアリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました