寝袋(シュラフ)おすすめ8選 初心者の方にもわかりやすい選び方教えます!

スポンサーリンク
キャンプ
スポンサーリンク

キャンプの必需品である寝袋(シュラフ)。寝袋選びは快適な睡眠を左右します。そんな寝袋の選び方や気を付けるポイントについてご紹介していきます。

オートキャンプ場、ツーリング、登山など状況に合った寝袋選びの参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

寝袋 シュラフ選びのポイント

シュラフは使う場面や気温によって選び方が異なってきます。選び方を間違えると寒すぎて凍えてしまったり、暑すぎて朝起きたら汗だくになってしまう可能性もあるので使う場面や状況にあった寝袋を選んで下さい。

形状の違い

寝袋には「マミー型」「封筒型」大きく分けてこの2つがあります。保温性、機能性、シーズンや使い方によって選び方が異なってくるので自分に合ったものを見極めましょう。

マミー型

マミー型の寝袋は気密性が高く保温効果が高いのが特徴。またコンパクトに収納でき登山やキャンプツーリングで使用するのに向いています。

気密性が高い分、真夏なら蒸れてしまったり圧迫感があります。

封筒型

封筒型の寝袋は通気性が良くゆったりした寝心地が特徴。ひざ掛けや座布団としても使うことが出来ます。家族でオートキャンプ場に行く方におすすめです。

保温性や収納性はマミー型より劣ります。

中綿素材の違い

寝袋の中身(ワタ)には化繊(化学繊維)とダウンがあります。初心者にはどちらかというと安価で手に入る化繊がおすすめ。登山やバイクでツーリングに行く方にはダウンがおすすめです。

化繊

メリット

・比較的安価で手に入る

・自宅で洗濯できる

デメリット

・かさばる

・保温性がやや低い

ダウン

メリット

・保温性が高い

・コンパクトに収納できる

デメリット

・高価

・自宅で選択できない

熟睡できる快適温度をチェック!

寝袋を使用するにあたり「快適温度」「使用温度」「下限温度」を意識して選んで下さい。ざっくり言うと快適温度や使用温度は女性や少し寒がりな男性の方が眠ることが出来る温度で限界温度は中肉中背くらいの男性が寝ることができる温度だと思ってください。

 

寝袋で寝る時の体の状況や服装で温かさが変わってくるので一般的に快適温度や使用温度+5度くらが快適に寝られると思っておいた方が無難になります。

おすすめマミー型寝袋 シュラフ

mont-bell

モンベル アルパインダウンハガー800#3

 

●素材:表地:10デニール・バリスティック エアライト ナイロン[撥水加工] 
●重量:528g(550g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。 
●カラー:バルサム
●収納サイズ:∅13×26cm(3.0L)
●リミット温度:1℃
●コンフォート温度:6℃ 
●適応身長:183cmまで
●付属品:ストリージバッグ

ナンガ

ナンガ オーロラライト350DX

重さが750gのかなりコンパクトな寝袋になっています。3シーズン使えツーリングに持っていくのにとてもおすすめ。真冬でもかなり着込めば寝られます。

・生地/表地:20dnオーロラテックス 裏地:20dnナイロンタフタ
・内部構造/シングルキルト構造
・フィルパワー/760FP
・ダウン量/350g
・サイズ/レギュラーサイズ/最大長210cm×最大肩幅80cm(身長178cmまで)
・収納サイズ/φ13×25cm
・総重量:750g
・快適使用温度/5℃
・使用限界温度/0℃

ナンガ ミニマリズム 180

ナンガ オーロラライト350DXの上位互換。重さは325gとほぼ何もないに等しい。ツーリングや登山を行う人に自信を持ってお勧めできる一品。

  • 【カラー】グレー/ブルー
  • 【サイズ】最大長210cm×最大肩幅80cm
  • 【収納サイズ】φ13×20cm
  • 【対応身長】180cmまで
  • 【総重量】約325g
  • 【生産国】日本製
  • 【快適使用温度】0度
  • 【内部構造】 シングルキルト構造
  • 【素材】表地:7×5dnナイロンリップ、裏地:10×7dnナイロンリップ/中綿:ハンガリー産シルバーグース95%(930FP)(ダウン量:180g)

 

イスカ

イスカ 寝袋 エア450X

対応温度が-6℃ということもあり雪の中でキャンプする方に向いています。登山やキャンプツーリングする方には大きさもコンパクトなのでおすすめです。

  • 生地 : 表ナイロン100%、裏ナイロン100%
  • 羽毛量 : 450g(90/10 800フィルパワー)(一般的に550フィルパワ-以上で高品質とされ、7700~800フィルパワ-のものが最も良質とされています。)
  • サイズ : 肩幅78×全長207cm
  • 収納サイズ : 直径16×35cm(収納スタッフバッグ付)
  • 重量 : 840g
  • カラー : ロイヤルブルー/ブラック
  • 対応温度 : マイナス6℃

 

ISUKA パトロール 600

対応温度が2℃なので3シーズン使用できます。着込めば氷点下にならなければ使用可能。化繊の寝袋ということもあり大きいサイズですが値段が良心的であります。車でキャンプに出掛ける人におすすめの一品。
 

  • 生地 : 表ナイロン100%、裏ポリエステル100%
  • 中綿量 : 600g(ベ-シックモデルには、約6デニ-ルの「中空ポリエステル」を使った化繊わたを使用しています。)
  • サイズ : 肩幅85×全長210cm
  • 収納サイズ : 直径20×39cm(広口トートバッグ付)
  • 重量 : 1300g
  • カラー : ロイヤルブルー
  • 対応温度 : 2℃
  • 構造 : シングル構造 、ドラフトチューブ、ゆったりした足元、YKKコイルジッパー

おすすめ封筒型寝袋 シュラフ 夏用もご紹介!

コールマン パフォーマーIII C15

使用温度は15℃以上なので真夏のキャンプでの使用に向いています。洗濯も行え衛生的。同じ寝袋なら連結することもできますので家族連れのキャンパーの人におすすめです。

 

  • 快適温度:15℃以上
  • 使用下限温度:10℃
  • 使用時サイズ:約80×190cm
  • 収納時サイズ:約φ16×40cm
  • 重量:約890g
  • 材質:表地/ポリエステル 裏地/ポリエステル 中綿/ポリエステル
  • 付属品:収納ケース
  • 機能:ウォッシャブル(洗濯機で丸洗いが可能)/コンフォートカフ(裏地を表に出すことにより、衿元を優しくサポート)/連結可能(同モデルの同サイズなら、お互いのファスナーを合わせることで簡単に連結可能)

封筒型シュラフ プレーリー

使用温度は15℃以上の夏キャンプ用の寝袋。価格も手ごろで値段の割には性能もよく初心者の方にもおすすめです。
  • サイズ(約):幅75×長さ185cm
  • 材質:表地:ポリエステル100%、裏地:ポリエステル100%(マイクロファイバー)、中綿:ポリエステル100%(ホローファイバー)600g
  • 使用温度目安:(約)15℃~
  • 色:ネイビー

 

コールマン 寝袋 コージーII 封筒型

コンフォート温度は5℃以上の寝袋で3シーズン使用可能。封筒型のメリットであるお布団のように使えるのも魅力です。中にはお布団代わりに自宅で使っている方もいるくらい。着込めば真冬でも使用可能です。
  • 使用時サイズ:約84×190cm
  • 収納時サイズ: 約26×42cm
  • 重量 :約2kg
  • 材質:表地/ポリエステル、裏地/ポリエステル、中綿/ポリエステル
  • 快適温度:5度以上

 

まとめ

キャンプでは寝袋は必需品。快適な睡眠のためには使う季節やシチュエーションでまったく違ってきます。楽しいキャンプライフには自分に合った寝袋を選んで下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました