カーローン組むぐらいなら車を買ってはいけません

スポンサーリンク
お金の話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

金利の罠

カーローンで金の奴隷にならないでほしい

 

銀行ローンは年利3%前後

 

ディーラーローンはなんと

 

年利4~8%

 

恐ろしいのはこの金利が複利で膨れあがっていくことだ

 

複利とは

 

元本+利息 

 

に利息がどんどん付いていくということなのだ

 

返済期間が長ければ長いほど返済する総額が多くなるのが複利の怖いところである

 

例えば150万円の車をフルローンで購入するとする

 

金利は5% 返済期間が5年

 

総支払額は

 

約170万円

 

利息だけで20万円飛んでいくのだ

 

五年間で利息20万円だったらまだ良心的な値段に思えるかも知れないが

 

全くそんなことはない

 

ローンを組むというのは余計に働かなければならなくなる

 

われわれはお金を得るためには時間を使わないと稼げないので金利を払う分

 

命を削っていることになる

 

見栄をはるための車は必要ない

車を買う動機はさまざまで個人の自由である

 

一人一人車に対する考え方も色々あるだろう

 

例えば「通勤に必要」「買い物に行くのに車が必要」だとか田舎過ぎて「車がなければ生活出来ない」

 

それらの言い分はわかる

 

しかしだ、人間は欲深い生き物であり人よりも優位に立ちたいと考えたがる

 

車に対しても例外ではない

 

自分が必要と感じているスペック以上にこだわる

 

軽自動車で十分なのに見栄をはるためにいい車を買う

 

売るときの事を考えて値段の落ちにくい車を買うのはアリだとは思うが

 

高いお金を払って車を手に入れることは

 

生きていく上で本当に必要なことなのか???

 

よく考えてみてほしい

 

一括で買えない車は買ってはいけない

どうしても車はほしい

 

しかし、車を買うには手元にお金がない

 

そうだ、ローンを組んで購入しよう

 

はいアウト

 

さっきも言ったがローンは命を削っているの行為なのだ

 

それによく考えてみてほしい

 

一括で買えないような家計状況で車を保有したら

 

家計は火の車になる

 

 

ローンを組むくらいなら

 

ただでさえギリギリだろう

 

 

買うなら一括で購入できる車にしておきましょう

 

 

人間はなぜか何とかなるだろうと思ってしまう

 

何とかなるなら今まで苦労はしてきていないはずだ

 

もう一度言う

 

一括で買えない車は買うな

 

今の時代車は借りろ

車が必要ならレンタル契約でもいいのではないか?

 

週末だけしか乗らなかったり一か月だけ車が必要ならレンタカーの方が安く付く場合がほとんど

 

車検、税金、部品交換代、保険代などの出費はレンタカーなら必要ない

 

レンタカーは毎回点検を行っているので安全性にも優れている

 

毎回違う車を乗ることが出来るのでいろいろな車に乗りたい人は毎回楽しみだろう

 

必要なときに必要なタイプの車を借りる方が

 

自分で所有しているより実用的でコストパフォーマンスもいい

 

一人一人価値観や人生の生き方は違うが

 

車は誰にとっても平等にお金を吸い取ってくれる

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました