【誰でも簡単】口下手でも大丈夫、値下げ交渉のテクニック

スポンサーリンク
生活の知恵
スポンサーリンク

 

進学、就職、異動、転職、独立、結婚など人生の節目に大きな買い物や決断をする機会があると思います。引っ越し、家電の入れ替え、リフォーム、車の購入で大きな金額を動かす場面があります。

予算は限られていることがほとんど、しかし少しでも安く良い物を買いたいと考えるのが普通でしょう。そんな時に役に立つのは「値下げ交渉」

大きな買い物なら数万円から数十万円 自宅購入なら数百万円単位で安くなります。値下げ交渉は労力から考えると十分に得します。企業側からすると金額が下っても顧客にお金を落としてもらわないと生き残っていけないのでほとんどの場合交渉してくれます

それでは初心者や口下手な人でも簡単に交渉できるテクニックをご紹介していきます。

予算を決める

予算を決めないと、値段交渉を行うことはできません。値下げ交渉を行う理由は予算内でサービスや物を買うことであり、予算を決めていないと相手に交渉を断られてしまいます。

予算を決めることで値下げ交渉を行う理由になり相手が本気モードになってくれやすくなります。

インターネットや実際に店舗に行くなどして購入するサービスや物の予算を立てていきます。

値下げの決定権を持っている相手と話す

できるだけ値下げの決定権を持っている人を狙ってください。決定権を持っていない人と交渉を行うと時間がかかり、その人が上司をちゃんと説得できないと、あまり値下げしてくれない場合があります。

 

見分ける方法は

・名札に役職名が書いている

・20代後半から40代後半の人

・身なりがきっちりしているか

などがあります。

相手と仲良くなる

交渉を上手に進めるには相手と仲良くなる必要があります。「この人に商品を売りたい」「少しでも安くして得をしてもらいたい」と思ってもらうのです。

 

仲良くなるには、

・敬意をもって話す

・目を見て話す

・聞き手になって相手に喋らせる

・反応よく頷く

あまりグイグイ行き過ぎると向こうに嫌われてしまうので気を付けましょう。

自分一人で決める訳ではないと最初に言っておく

自分に不利な状況になって契約しなければならなくなった時に使える技です。妻や旦那と相談して決めると最初にけん制しておくことでどうしても断りにくい空気になったときに威力を発揮します。

断るのが苦手な方は決定権は夫や妻など他の人が持っていると言っておくだけで安心して交渉することができます。

 

ライバル店の相見積もりを必ず行う

価格交渉では相場を知ることが大事。相場が分からないと安いのか高いのかの判断をすることができません。

 

相場を知るためには相見積もりは必ず必要になってくるテクニックです。価格を下げてもらう明確な根拠になります。どこの会社もライバル店に顧客を取られたくないと考えているので同じ商品ならライバル店よりも安くなるはずです。

 

口下手でも相見積もりをとることで、自動的に値段を下げてくれます。

 

 

見積もりをまとめて取りたい方はネットで一気にとると楽です

引っ越し

1度の電話で、複数の見積が揃う引越し見積もり比較サイト【引越しラクっとNAVI】

 

リフォーム

リフォーム比較プロで工事が安くなる!

 

シェアハウス
 東京、家賃3万円~【シェアドアパートメント】

コメント

タイトルとURLをコピーしました