【永久保存版】お金に嫌われる人の特徴10選。明日からお金に好れる人間になろう!

スポンサーリンク
お金の話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お金の扱いが雑

レジでお金を投げたり、お札を揃えずに財布に入れるなどお金を雑に扱っている人の所にはお金は集まりません

 

スピリチュアルみたいな事ですが事実です

 

お金のありがたみが分からない人は無駄使いしたり友人から借りたお金を返さなかったりする傾向があります

 

事実貯金が多い人やお金を稼いでいる人は財布が綺麗なはず

 

レジでお金を投げたりお札をぐしゃぐしゃにしている人にお金持ちはいません

財布が汚い

財布が汚いとお金は嫌がって財布に入ってこないし出て行きやすくなります

 

レシートまみれ ポイントカードまみれ 小銭でぱんぱん

 

こんな財布になっていませんか?

 

こうなってしまうとお金の管理が面倒になってしまいお金の出入りを把握できません

 

レシートを貰うのは家計簿を付けたり商売人なら確定申告の為に取っておく事があるりますがレシートは貰ったその日に家計簿を付けるなり保管場所に片付けるようにしましょう

 

ポイントカードは持ちすぎると逆に損します

 

ポイントが中途半端に貯まっていると無理に買い物をしてしまったりレジでどのポイントカードが探す手間が増えてしまうだけです

 

持つならモバイル版にして実際のカードはクレジットカード、免許証くらいにしておきましょう

 

小銭でパンパンの財布が不格好ですし小銭がありすぎると会計の時に面倒なので

 

小銭が貯まってきたら貯金箱に入れてまとめて銀行に預けに行きましょう

 

財布がとてもスッキリしますよ

 

お金の出入りが把握できお金が集まりやすくなります

お金稼ぎが汚いことだと思っている

お金稼ぎが悪いと思っている人はお金に好かれるわけがありません

 

人をだましたり奪ったりしてお金を手に入れるやり方は良くない

 

しかし、人に何か有益な物やサービスを売ってお金を稼ぐことはとても素晴らしいことなのです

 

人に幸せを届けてお金を手に入れることは全く悪いことではない

 

それを汚いと思っている人のとこにはお金は集まることはない

 

よく金持ちは意地悪という人がいますが意地悪な人は目立つだけでお金持ちのほんの一部にすぎません

 

人に幸せを届けないとお金としてかえってきません

 

意地悪な人は一時的にお金持ちになっているかも知れないがいずれ稼げなくなります

ラクしてお金を手に入れようとする

お金に嫌われる人はラクしてお金を手に入れようとします

 

例えば利回りの高い投資に興味を持ったりギャンブルにはまったりします

 

ラクして持続的にお金を稼ぐことはとても難しいことです

 

投資詐欺やギャンブルで人生を踏み外したという話はよく聞きますが

 

成功した人は全く聞いたことはありません

 

ラクしてお金を手に入れようとする人は返ってお金が集まりにくいのです

部屋が汚い

部屋が汚い人はお金の管理も雑な傾向にある

 

物の管理が出来ない人にはお金の管理は出来ない

 

お金の管理を行うには収支の把握が必要だ。部屋のどこに何があるのかを把握して出来ていないと無駄に部屋にあるモノを買ってしまう可能性が高くなる。つまり、無駄使いが増えてしまう。

 

部屋が汚いのはお金が入ってきてもすぐに出て行く原因の一つになる。日頃から部屋を綺麗に保つことで無駄使いを減らしお金に好かれる人になりましょう。

金さえあれば幸せだと思っている

幸せの価値はお金では計れない

 

本質を突いた格言だと私は思う、確かにお金があれば苦労することや不便なことがなくなるのは事実

 

しかし、お金があれば幸せかと言うとそうではないのも事実。

 

お金を稼ぐのが楽しくて楽しくて仕方がないひとはお金を稼ぐことで幸せを得て幸せになるかも知れ無い例えば起業家や投資家なんかが良い例だ

 

しかし、お金を追い求めて人間関係や自身の健康を損ねるのは幸せとはいえないのではないか

他人から与えられようとする

他人を利用して与えられようとしてしている人を見受けることはないか?

 

いわゆるテイカーといわれる人だ。損得計算をいつもしていて自分が相手にした親切や贈り物以上の対価を得ようとしているような人

 

人から与えて貰おうとしている人にはお金は集まらない

 

はじめは良い顔していれば有益な情報や金銭などを他人から与えてくれるかも知れ無い。

 

しかし、何度も何度も相手から与えて貰おうとしていると他人は離れていく。他人が離れていけばお金を稼ぐ情報やノウハウを教えてくれる人がいなくなると言うことだ。

 

そしてお金も集まらなくってお金に嫌われてしまうのだ。

 

他人から与えられる事ばかり期待していてもお金に恵まれた人生は送ることは出来ない。

与えようとしない

お金が集まる人になるには人に与えることをしなければならない。人に与えることは語弊を恐れずに言うならば投資の一つなのだ。

 

与えるのはお金じゃなくてもいい。相手が有益に感じる情報、仕事の手伝いなどでもいい。

 

相手が有利になるよう何かを与えてみよう。

 

いつか、自分が困った時助けてくれるかも知れないし苦しいとき隣で寄り添ってくれるはずだ。

 

直接お金が集まるわけではないかも知れ無いが間接的に自分が助けた相手がお金を運んできてくれる可能性が高くなるのだ。

 

相手に与えるときは見返りは求めてはいけない

 

後々困った時助けてくれなかったら与えた相手を恨んでしまうかもしれないので与えるときは自己満足くらいに思っておくのが丁度良い

 

忘れた頃に助けて貰う方がお互いの為になる

お金に好かれようと努力しない

そもそもお金に好かれようとしない人はお金は集まらない

 

お金が好きな人は卑しい人と思っている人にはお金に一生ご縁が無い。

 

人から奪うのは行けないことだが一生懸命働いてお金を稼ぐことは素晴らしいことなのだ。お金を地道に貯金してお金を愛する人はお金に困ることは無い。

 

お金を大切に使うことでお金が自分の所に集まって逃げる事は無いのだ。

目先の利益に惑わされる

人間は目先の利益を優先的に考えてします生き物だ。なぜなら先の事を考えるのは疲れるし今の気持ちを優先する方が得をすると直感的に思っているからなのだ。

 

しかし、目先の利益を追い求めていると逆にお金が逃げていく事がある

 

例えば、投資が良い例だ。

 

今あるお金を未来に成長するであろう株式に投資するか今楽しむために使うのかを考えた時多くの人は今を楽しむ為に浪費してしまう。

 

しかし、今使ってしまうと未来に受け取るはずだった利益が受け取れなくなる。目先の快楽という利益を受け取ってしまった結果将来さらに得をする事をみすみす逃してしますのだ。

 

 

 

 

お金に嫌われる行動をしていないだろうか??

 

もしこれらの特徴の一つにでも当てはまっていればすぐに改善することをおすすめします

コメント

タイトルとURLをコピーしました