【必見】お金がマジで足りないときの救済方法

スポンサーリンク
お金の話
スポンサーリンク

浪費でお金が足りなくなった場合

買い物しすぎた!!!

 

飲み会に参加しすぎた!!

 

浪費でお金を使いすぎた時は、日雇いのアルバイトや家にあるモノを売ってしのぎましょう。

 

不必要なモノを買ってしまったときはすぐに返品するのも一つの手。

 

浪費でお金が足りなくなったときは借金でしのぐのはおすすめしない。

 

消費者金融でお金を借りれば利息の支払いでかなり苦労するのは目に見えている。

 

友人からの借金はなおさら御法度。利息は付かないかも知れないがもし返済が遅れた時や返さなかった時は縁が切れると思っておいたほうがいい。

 

金の切れ目は縁の切れ目とはよくいったものだ。お金を借りる方は一時的にらくできるメリットはあるが、お金を貸す方には何にもメリットがないのだ。

 

とりあえず借金は最終手段にしてアルバイトをして稼ぐ」「買った物を返品する」「家にあるモノを売る」この3点が無難な選択だ。

生活費が足りなくなったとき

病気や事故で働けなくなって生活費が足りなくなったときは政府の保証制度があるので利用しよう。

 

総合支援資金、福祉資金、教育支援資金など国が用意している制度はたくさんある。簡単に解説すると無利子もしくは低利率の利息でお金を貸してくれる制度だ。

 

総合支援資金とは

生活再建までの生活費。住宅の敷金礼金などの住宅契約を結ぶときに必要な費用。就職や転職にかかる費用、光熱費や債務整理にかかる費用を保証人がいれば無利子で借りることができる。

 

原則は保証人が必要だが保証人がいなければ年利1.5%で借りることができる。

福祉資金とは

災害を受けたことにより臨時に必要となる経費や冠婚葬祭に必要な経費など生きていて臨時でかかる費用を借りることができる。原則保証人が必要だがいなくても借りられる。

 

保証人ありで無利子。保証人なしで年利1.5%で借りることが出来る。

教育支援金とは

低所得世帯に属する者が高等学校、大学又は高等専門学校に修学するために必要な経費を貸してくれる制度。

 

子供の教育費が臨時でかかるときに強い味方になる制度だ。

 

こちらは保証人が要らないが世帯内で連帯借受人が必要である。

 

※連帯借受人とは借受者と連帯して債務を負担する方。

 

生活福祉資金貸付条件等一覧

 

厚生労働のサイトのリンクを張っておきましたもう少し詳しくみたい方どうぞ。

 

国の制度を上手く利用すれば下手に消費者金融でかりて利息で首が回らなくなることを防ぐことが出来きる。

 

本当に借金で首が回らないとき

借金で首が回らないときは浪費癖をやめて支出を最低限にして必死に働くもしくは自己破産するしかありません。

 

自己破産は最終手段ではあるが、首をつるくらいなら自己破産する方がマシなので総合支援資金を利用して債務整理を弁護士にお願いするのも一つの手。

 

自己破産すると5年間から10年間はブラックリストに載ってしまうので注意しましょう。

 

これからお金の使い方を改め安定した収入があればブラックリストから外れるので自己破産した後はもう二度とこんなことはしないように心を入れ替えよう。

支出を見直して毎月先取り貯金を心がける

浪費癖を直すには家計簿を付けて給料が入れば先取り貯蓄をするしか無い。

 

最近では自動で家計簿を付けてくれるマネーフォワードみたいなアプリもあるので積極的に収支を把握しよう。そして給料が入れば手取りの10%貯蓄していこう。

 

 

お金は使うのは簡単だが貯めるのはとても難しいかも知れないが、上記の事を徹底してやればすぐに生活が楽になる。

 

今行動すれば来年、再来年は今より豊かになれる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました