【小さな暮らしが最強説】手取り10万円台でも生活する方法

スポンサーリンク
お金
スポンサーリンク

こんにちは結び丸です。今回は手取り10万円台でも生活する方法をまとめていこうと思います。やりたいことがありお金を貯めたい方や新卒やフリーターの方でも無理なく生活できる方法を伝授していきます。生活水準を高めることが幸せとは限りません小さな暮らしでも工夫次第で楽しく暮らせるので参考にして下さい。

家賃は極限まで下げる

 

なんと言っても家賃は支出の中でも一番割合を占めている人は多いはずです。家は求める物が多いとその分家賃がかさんで行きます。特にセパレート(お風呂とトイレが別々)ですと家賃が高くなるので極力ユニットバス(お風呂とトイレは一緒)の物件にしましょう。実際私はセパレートからユニットバスに移り住んだ事がありますが1日、2日で慣れました。全然不便を感じたことがなくむしろ家賃が下がり生活が楽になりました。

駅からも少し離れている方が家賃が下がるので少し離れた所にしましょう駅まで遠い方が運動にもなり健康にも良いですよ。しかし、あまりに離れすぎると通勤や通学の時間が増えすぎてしまうのでほどほどにはして下さいね。

ボロボロの家に住めとは言いませんが妥協できるところは妥協していきましょうね。

 

通信費は5000円以下に抑える

現代社会において通信機器がなければ生活出来なくはないですが効率が悪くて仕方ありません。しかし、通信費にお金をかけすぎるのも考え物です。なんとなく大手キャリアを使って店舗の営業の人に勧められたプランに何も考えずに入っているのは節約の観点では全く賢くありません。よっぽどの理由が無い限り格安SIMに変更しましょう。だいたいの人は今までの半額くらいまで通信費を落とすことが出来ます。一回の変更で持続的に節約出来るので時間対効果が非常に高いですよ。

 

光熱費は電力自由化の恩恵を最大限に享受する

電力ガス自由化に伴い好きな電力会社やガス会社を選ぶ事が出来ます。サイトで比較をして安いところに切り替えましょう手間もほとんどかからず格安SIM同様持続的に節約出来ますよ。どこの会社を使っても幸福度が変わらないので値段で決めましょう。

 

モノを持ちすぎない

ものがありすぎると広い部屋に住まなくてはいけなく家賃が高くなったり管理するために時間が割かれたりします。さらに物欲もモノが多すぎると増えるので出費がかさみます。逆に必要なモノ以外断捨離すると自然と物欲が減り時間にも余裕が生まれてきますよ。

必要に応じてレンタルするなり購入するなりしていきましょうね。不要に寝れば積極的に処分していきましょう。もったいなく感じるかもしれませんがトータルで考えればこっちの方が節約になります。

 

私が月10万円で生活するにあたって実践している事をあげてきました。参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました