【キャンプ初心者向け】楽しむための装備一覧【必見!!】

スポンサーリンク
社畜日記
スポンサーリンク

キャンプに興味がある!キャンプをやってみたい人必見です!

初心者を対象にキャンプに必要な道具を紹介していきます。

キャンプはどうしても道具で出来ることが左右されるので初心者でも無難に楽しくキャンプを行なう為に必要なものを厳選しました。

スポンサーリンク

テント

キャンプと言えばテントをイメージとして思い浮かべることが多いと思います。現実問題テントがなければ快適にキャンプを行なう事はできません。

人数によってもテントの大きさは違うので一人でキャンプをするなら一人用、家族や友人達とキャンプを行なうのなら人数に適した大きさが必要です。

テントに関してはずっと使うので初めからいい物を買うのもいいですし、予算を抑えたければ安いのもあるのでしっかり選びましょう。

マット

テントを立てた下に石が落ちているキャンプ場はけっこうあります。そこでおすすめなのがマットです。

マットがなければ快適な眠りをとることができないので必須の一品ですよ。ホームセンターに売っている銀マットでも大丈夫ですし空気を入れて膨らます事が出来るマットもあるので好きな方を選んで下さい。

値段を重視するなら銀マットになります。

 

ガス

キャンプで料理やお湯を沸かすときに必要になってくるのがガスバーナーになります。おすすめはイワタニのガスバーナーで理由は足がしっかりしていて安定感が抜群の一品になっています。

ガスバーナーがあれば家と変わらない要領で料理を楽しめるので必須の道具です。

 

料理や飲み物を置くために重宝できるのこれ!できるだけ軽くてコンパクトに収まるものがおすすめ。

最悪なくても地面にシートに飲み物や料理を置くことも出来なくはないがかなり不便なので購入をおすすめする。

安いモノでいいので持っておけばキャンプ感が増してくるはずだ。

 

イス

机に続いてイスも必須の一つだおすすめは背もたれがあるものだ。背もたれがあるだけでリラックスできる。

頑丈で小さくて軽いものがおすすめ。キャンプ道具全般に言えることだが出来るだけ軽くて頑丈で小さいモノは最強なのだ。ちなみにおすすめはヘリノックスの椅子が最強な条件を揃えている。

安価なモノもあるので予算オーバーなら次買うとき検討してみてもいいだろう。

 

焚き火台

キャンプをするなら焚き火をしたいと思う人が大半である。キャンプ場には直火(じかび)といって地面で直接火を起こすのがダメな所が多い。そこで必要になってくるのが焚き火台。

地面から離して火を起こすので空気も良く入るので燃えやすいメリットもある。焚き火台をBBQコンロとしても使えるので便利な一品だ。

BBQコンロだと折りたたみができないタイプが多いのだが焚き火台なら折りたたみ式でスペースを広く使える。

人数に合わせた大きさを買って皆でBBQのあとに火を眺めるのも至福なひとときだよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました